コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上供 じょうきょうShang-gong; Shang-kung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上供
じょうきょう
Shang-gong; Shang-kung

中国の財政制度。地方の租税の一部を中央に上納すること。古くは封建諸侯が領内産物の一部を天子に贈ることを貢といい,その後,地方賦税の一部を中央政府に贈ることを上供と称するようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうきょう【上供 shàng gòng】

中国,唐・宋時代に頻用された財政用語。地方から中央政府へ租税などを上納すること。先秦時代には地方の権力者が中央の王=天子へ献上するものは人と物を問わず貢と称した。この言葉は後世まで地方官個人や外国から皇帝への献上の場合に使われる。漢代以後,地方から中央への上納は委輸などと呼ばれ,しだいに整備されていったが,制度面では未熟であった。上供の名称は8世紀初めからあらわれる。780年(建中1)の両税制(両税法)実施以後,地方の両税収入は,中央収入の上供,節度使に送る送使,その地で使う留州に三分された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上供の関連情報