コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上北面 ジョウホクメン

大辞林 第三版の解説

じょうほくめん【上北面】

〔「しょうほくめん」とも〕
四位・五位の諸大夫しよたいふで、北面の侍さむらいとなって、院への昇殿を許された者。 ↔ 北面

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上北面の言及

【北面の武士】より

…白河院政開始後ほどなく創設され,はじめのうちは〈御寵童〉なども含んでいた。諸大夫以上を上(しよう)北面,五,六位の譜代の侍を下(げ)北面と呼ぶ。下北面は白河院死去のときに合わせて80余人に及んでいたが,そのなかには武士が多くとりこまれていた。…

※「上北面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上北面の関連キーワード高倉永康巨勢有茂下北面北面候ず

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android