コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上山[市] かみのやま

百科事典マイペディアの解説

上山[市]【かみのやま】

山形県南東部の市。1954年市制。上山盆地と周辺山地を占め,盆地上に城下町,羽州・米沢2街道の分岐する宿駅として発達した市街がある。上山温泉(含食塩石膏泉,61℃)を中心とする温泉都市で,奥羽本線,蔵王エコーラインが通じる蔵王観光の基地となっている。
→関連項目郡上藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみのやま【上山[市]】

山形県南東部,山形盆地の南部に位置し蔵王山西麓部を占める市。1954年に上山町と西郷,本庄,東,宮生(みやおい),中川の5村が合体,市制。人口3万8047(1995)。中心地上山は城下町,羽州街道の宿場町として,また中世以来の温泉場として発達した。上山温泉は市街地にあって,長禄年間(1457‐60)に僧月秀が発見したといわれる旧湯鶴脛湯(つるはぎのゆ)と,1920年に掘削され近代的旅館・ホテルの多い新湯とに分かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上山[市]の関連キーワード蔵王[温泉]沢庵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android