コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡上藩 ぐじょうはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郡上藩
ぐじょうはん

八幡藩ともいう。江戸時代,美濃国 (岐阜県) 郡上郡におかれた藩。慶長5 (1600) 年稲葉貞通4万石が豊後 (大分県) 臼杵へ転出したあと遠藤慶隆2万 7000石が同国小原より転入。元禄5 (92) 年遠藤氏が常陸 (茨城県) 国内へ転出ののち,井上正任が常陸笠間より5万石で転入。同 10年井上氏は丹波 (京都府) 亀山へ転出し,金森頼とき (よりとき) 3万 8000石が出羽 (山形県) 上山より転入。金森氏は宝暦8 (1758) 年に除封され,代って青山幸道4万 8000石が丹後 (京都府) 宮津より転入し,廃藩置県にいたる。譜代,江戸城雁間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

郡上藩【ぐじょうはん】

美濃国郡上郡八幡(現岐阜県郡上市)に藩庁を置いた譜代(ふだい)中小藩で,八幡藩ともいう。関ヶ原の戦で徳川方にくみした遠藤慶隆が故領2万7000石を安堵されたのに始まる。
→関連項目八幡[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ぐじょうはん【郡上藩】

江戸時代美濃(みの)国郡上郡八幡(はちまん)(現、岐阜県 郡上市八幡町)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩(一時外様(とざま)藩)。藩校は潜竜館。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで徳川方に与した遠藤慶隆(よしたか)が旧領2万7000石を安堵(あんど)され立藩した。遠藤氏は5代在封し、その3代常友(つねとも)のとき2人の弟への分与があり2万4000石となったが、城の大改修により、城主格から正式な城主として遇されることとなった。92年(元禄5)に5万石で井上正任(まさとう)が入封(にゅうほう)、井上氏2代を経て、97年に外様の金森頼旹(よりとき)が3万8000石で入った。その2代頼錦(よりかね)のとき、1754年(宝暦4)から4年にわたって増税に抗議する百姓一揆(郡上一揆)が起き、また預り地石徹白(いとしろ)村での神社の指導権をめぐる騒動もあり、頼錦は改易(かいえき)された。代わって58年に4万8000石で青山幸道(よしみち)が丹後(たんご)国宮津藩から入り、以後明治維新まで青山氏7代が続いた。幕末の戊辰(ぼしん)戦争で藩主は新政府に与したが、家老が幕府側にまわるなど、藩は混乱した。1871年(明治4)の廃藩置県により、郡上県を経て岐阜県に編入された。◇八幡藩ともいう。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐじょうはん【郡上藩】

美濃国郡上郡八幡に藩庁を置いた譜代中小藩。同郡と隣国越前の大野郡に所領をもつ。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦で徳川方にくみした遠藤慶隆が故領2万7000石を安堵されたのがはじまり。3代常友の代に八幡町の整備拡充が進み,また幕府から,以前の城主格から城主として遇せられるようになった。4代常春治政下の77年(延宝5)に,年貢諸役軽減などをもとめる農民一揆が起こり,それに家中の分裂・抗争がからんで藩体制は動揺し,5代常久の代になっても藩政の混乱は続いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郡上藩
ぐじょうはん

江戸時代、美濃(みの)国(岐阜県)郡上地方を主に領有した藩。初め遠藤慶隆(よしたか)が関ヶ原の戦い後2万7000石を得て立藩、八幡(はちまん)の城を修築した。5代常久の早逝で転封となり、その後井上氏を経て、1697年(元禄10)金森頼(よりとき)が入部。郡上郡内のほか越前(えちぜん)国(福井県)大野郡の内をあわせて3万9000石を領した。1758年(宝暦8)2代頼錦(よりかね)の代に、増税策の強行などが原因で起きた宝暦(ほうれき)郡上騒動と、預り地石徹白(いとしろ)村の社人騒動とによって、頼錦は改易された。のち青山氏が丹後(たんご)国(京都府)宮津から転封、やはり越前の采地(さいち)を含めて4万8000石を領し明治維新に至った。初代幸道(よしみち)は郡上騒動のあとを受け「在々法令之条目」を定めて青山藩制の確立を図った。6代幸哉(ゆきしげ)は行き詰まった藩財政打開に腐心し、生糸専売政策を断行、御趣法(ごしゅほう)騒動を引き起こしている。7代幸宜(ゆきのぶ)のとき、維新の進退に藩論が決せず、朝廷へ帰順の誓紙を出す一方、江戸藩邸では家老朝比奈(あさひな)藤兵衛の子茂吉を隊長とする凌霜(りょうそう)隊員44名が脱藩、幕軍とともに会津若松城に立てこもって敗れた。[村瀬円良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郡上藩の言及

【郡上一揆】より

郡上藩領でおきた一揆としては,延宝期の家中騒動のからんだ一揆と,宝暦期の一揆とがあるが,ふつうには後者をさす。 藩主金森頼錦(よりかね)治政下の1754年(宝暦4),年貢増徴のために採用しようとしていた検見取(けみどり)などに反対する一揆が発生した。…

※「郡上藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郡上藩の関連キーワード江戸時代(年表)八幡城(岐阜県)白山文化博物館八幡(岐阜県)青山 幸宜上山[市]郡上八幡城郡上(市)郡上[市]島村喜四郎明宝[村]笠間[市]八幡[町]江村北海本多忠央田沼意次産物会所井上正岑杉本左近郡上一揆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android