コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉顕房 うえすぎ あきふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉顕房 うえすぎ-あきふさ

1435-1455 室町時代の武将。
永享7年生まれ。上杉持朝の子。宝徳元年扇谷(おうぎがやつ)上杉家の家督をつぎ,執事の太田資清・資長(道灌)親子に補佐される。享徳4年父とともに,山内上杉房顕をたすけて鎌倉公方(くぼう)足利成氏(しげうじ)と武蔵(むさし)分倍河原(東京都)でたたかう。敗れて同年1月24日討ち死にした。21歳。通称は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上杉顕房の関連キーワード享徳の乱室町時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android