上田休(読み)うえだ やすみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田休 うえだ-やすみ

1830-1877 幕末-明治時代の武士,士族。
文政13年2月18日生まれ。肥後熊本藩士。京都留守居役をへて,元治(げんじ)2年川尻町奉行となる。維新後私塾をひらく。西南戦争のさい,川尻を兵乱からまもるため独自に鎮撫隊を組織。戦後その行動がうたがわれ,明治10年9月30日処刑された。48歳。初名は一徳。通称久兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android