コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野教道尼 うえの きょうどうに

1件 の用語解説(上野教道尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野教道尼 うえの-きょうどうに

1855-1932 明治-昭和時代前期の尼僧。
安政2年1月3日生まれ。曹洞(そうとう)宗。明治5年新潟県頸城郡(くびきぐん)市振(いちぶり)村の普門庵を復興して住職となる。飢饉(ききん)や大火の被災者を援助し,めぐまれない境遇の子供をそだてるなど,一生を慈善活動にささげた。昭和7年6月19日死去。78歳。越中(富山県)出身。俗名は上田もと。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上野教道尼の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣イギリス映画詩と詩論ニコライ田中鶴吉村田清風ニコライ淮河

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone