コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三助 さんすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三助
さんすけ

近世では,商家町家下男通り名であったが,次第に風呂屋の男の使用人に用いられるようになった。燃料を町内や廻り場から集め,釜を焚き,また特に洗い場浴客のあかすり,肩もみを行う職業として知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんすけ【三助】

銭湯で、風呂を沸かしたり、客の背中を流したりする男。
江戸時代、広く下男・小者などの奉公人のこと。
「大方は吉蔵、―がなり上がり」〈浮・永代蔵・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三助【さんすけ】

江戸時代,雑用に従う者を称したが,化政期ごろから湯屋銭湯)の釜(かま)たき,浴客の垢(あか)流しをする者をさした。多くは越中,越後の出身者で,同郷の湯屋に奉公した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんすけ【三助】

銭湯の雇人で,湯をわかしたり客の体を洗ったりする男の称。江戸時代,下男や小者(こもの)などの奉公人を三と通称したが,のち三助といえばおおむね銭湯で客の背中のあかをかく〈ながし〉のサービスに従う男をさすようになった。物日(ものび)などには祝儀をくれ,月ぎめで〈ながし代〉を払っているような客がくると,ふんどし姿の三助は留桶(とめおけ)と呼ぶ特別の小判形の桶に上がり湯を汲んで背中を流し,洗い終わるとまた上がり湯を汲んで客のわきに置いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんすけ【三助】

近世、商家や町家の下男の通り名。
銭湯で、湯を沸かしたり客の背中を洗ったりする男。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三助
さんすけ

江戸時代における下男、小者(こもの)など奉公人の通称。三介とも書く。この三は炊爨(すいさん)の「さん」の意である。飯炊きその他雑用に従事するからで、下女を「おさん」ともよぶ。その後、三助といえば一般に銭湯の下男をさすようになったが、このような呼称は享保(きょうほう)(1716~36)のころからといわれる。田舎(いなか)から同郷など縁故を頼って奉公する若者で、越中(えっちゅう)(富山県)、越後(えちご)(新潟県)の出身者が多かった。見習いの間は、昼は焚木(たきぎ)とか古材などの燃料になるものを集め、夕方からは下足番を勤める。2、3年して釜焚(かまた)き番をしながら流しに出るようになって三助とよばれる。流し専用の桶(おけ)を用意し、湯銭のほかに流し代を払った浴客の注文により、その専用桶を使って背中を流した。昭和の初めごろでも、一人前の三助になるには普通10年かかった。年季を積むと番頭になるが、番頭は主人のかわりに番台にも座る。技術を覚え、資金を蓄えて30歳前後に独立して銭湯の経営者になるのが普通とされていた。[稲垣史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三助の関連キーワード三遊亭 円生(4代目)奈河七五三助(2代)奈河七五三助(初代)奈河七五三助(3代)竹本春太夫(5世)杵屋五三郎(3世)三遊亭円生(4代)杵屋五三郎(3代)増山金八(初代)並木正三(2代)奈河篤助(初代)並木正三(3代)富山県砺波市福山大塚先儒墓所近頃河原達引寛政の三博士羽黒山 政司千馬三郎兵衛天然理心流10月2日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android