下番(読み)かばん

精選版 日本国語大辞典「下番」の解説

か‐ばん【下番】

〘名〙
① (━する) 勤務を終えて引き下がること。また、引き下がって休養している期間のこと。非番。⇔上番(じょうばん)
※令義解(718)宮衛「下番須一日程以上行者」
※真空地帯(1952)〈野間宏〉三「衛兵下番(カバン)したならば」 〔南宋市肆記‐酒楼〕
② 江戸の各町で雇った名主の事務の補佐役。町入用が嵩(かさ)むため、一般的には町代(ちょうだい)とともに置くことが禁じられていた。
※御触書寛保集成‐三九・享保六年(1721)九月「其上所により上番下番常番抔と名付」
③ 江戸幕府の職名。天守、富士見宝蔵などに置かれ、建物の守衛にあたった。
※明良帯録(1814)新益「御譜代場〈略〉御本丸御裏御門番同心 御天守下番 御宝蔵下番 御女中様方伊賀者」
④ 江戸時代、町奉行所の小使。南北各二人ずつおり、年番与力が人選して雇い入れ、若干の給金を与えた。
※享保撰要類集(1716‐36)一「其外にも右附札に准じ、可分は改之、下番にて可被差出候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android