上番(読み)じょうばん

精選版 日本国語大辞典「上番」の解説

じょう‐ばん ジャウ‥【上番】

〘名〙
① 第一
※菅家文草(900頃)一・早春侍宴仁寿殿、同賦春雪映早梅「雪片花顔時一般、上番梅追歓」 〔杜甫‐三絶句〕
② 奈良時代、衛士(えじ)に任ぜられたものが、地方から京都にのぼって勤番すること。
※律(718)衛禁「凡宿衛人応上番到」
③ 中世、奈良興福寺の門跡に仕えた下級の僧。上番法師。
※大乗院寺社雑事記‐長祿元年(1457)一一月一五日「仏供は上番に仰付之、燈明は小童に仰付之也」
④ 役人が出勤、宿直などをして任に当たること。また、その役。また、軍隊で、勤務につくこと。⇔下番(かばん)
※三代格‐四・弘仁四年(813)九月一九日「即停長直、一従番上。自茲上番下番
※軍隊内務令(1943)一一〇「消具を監守し毎月第一回上番の者は消防設備を点検す」

あがり‐ばん【上番】

〘名〙 近世、銭湯で上がり湯の湯船のそばにいて、客のために上がり湯をくむ仕事。また、その男。湯汲(ゆくみ)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「湯汲の若者(わかいしゅ)のことを、上(アガ)り番(バン)と云って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上番の言及

【番】より

…番数や交代勤務の方法はその勤務内容によって一定しないが,1年12ヵ月,1月30ヵ日,および1巡60の干支を配分する関係で,番は12か30あるいは60の約数で編成されている場合が多い。番制度による勤務に当たることを〈当番〉,これを勤めることを〈上番〉〈勤番〉などといい,その結番交名(きようみよう)を〈番文〉〈番帳〉,編成された一つの番の統率者を〈番長〉〈番頭(ばんがしら∥ばんとう)〉あるいは〈頭人(とうにん)〉などと呼ぶ。同一の番所属者は〈合番〉〈相番〉と呼ばれ,そこにはしばしば相互扶助,連帯の感情が認められる。…

※「上番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android