コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享保撰要類集 きょうほうせんようるいしゅう

2件 の用語解説(享保撰要類集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

享保撰要類集
きょうほうせんようるいしゅう

江戸時代中期の法令集。 32巻 41冊。8代将軍徳川吉宗のとき,江戸町奉行大岡忠相に命じて法令の先例を集大成させたが,それに補訂を加えたものをいう。享保1 (1716) 年から宝暦3 (53) 年までの分を収めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

享保撰要類集
きょうほうせんようるいしゅう

江戸幕府の法令・先例集。8代将軍徳川吉宗(よしむね)は法制の整備に努めたが、その治下、諸役所でも法令の編集が盛んになった。南町奉行(ぶぎょう)大岡越前守忠相(えちぜんのかみただすけ)は1716年(享保1)より36年(元文1)まで7巻10冊の法令・先例集をつくって『撰要類集』と題したが、その後おそらく宝暦(ほうれき)期(1751~64)にこれを改訂し、さらに1753年(宝暦3)までの分を加えたのが、『享保撰要類集』32巻41冊である。以後、町奉行所では明和(めいわ)、安永(あんえい)、天明(てんめい)、天保(てんぽう)、嘉永(かえい)などの名を冠した『撰要類集』を編集している。[平松義郎]
『石井良助編『享保撰要類集 第1』(『近世法制史料叢書 別篇』所収・1944・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

享保撰要類集の関連キーワード教令類纂青標紙町触れ岡安南甫(初代)国包(7代)土井利寛道与戸田氏信帒一聖王ルイの法令集

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone