コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下袴 シタバカマ

大辞林 第三版の解説

したばかま【下袴】

肌袴はだばかま 」に同じ。
指貫さしぬき・狩袴の下にはく袴。したのはかま。 → 大口おおくち
江戸時代、町人の用いた丈が短く膝までしかない袴。
ふんどし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下袴の関連キーワードさるまた(猿股)腰次・腰継犢鼻褌・褌江戸時代直衣装束十二単ズボン下の袴大口袴直衣大紋表袴束帯狩衣町人精好水干肌袴腰次鎖袴

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android