コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下郷蝶羽 しもさと ちょうう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下郷蝶羽 しもさと-ちょうう

1677-1741 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝5年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)鳴海の人。下里知足(ちそく)の長男。酒造業の千代倉をつぎ,姓を下里から下郷にあらためる。父および松尾芭蕉(ばしょう)にまなび,芭蕉から蝶羽の号をあたえられた。作品は安井小洒(しょうしゃ)編「蕉門名家句集」に収録。寛保(かんぽう)元年11月12日死去。65歳。名は季雄。別号に習々軒,風和。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下郷蝶羽の関連キーワード寛保フルカラーバークリー農書(農業に関する書物)ラ=ペルーズ堀江六之丞絵島・生島事件エリザベータ・ペトロブナ津波地震祇園南海

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone