下里古墳(読み)しもさとこふん

国指定史跡ガイドの解説

しもさとこふん【下里古墳】


和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦町下里にある古墳。太田川が熊野灘に注ぐ河口左岸の砂丘台地上に営まれた前方後円墳。前方部を西北の太田川に向け、墳丘側面を玉の浦に沿わせている。墳丘は前方部を若干損じているが、旧規模は全長45m前後、後円部は径22m、高さ2.5m。後円部には段築はなく、斜面全面に河原石の葺石(ふきいし)が前方部に続いている。墳丘四周には幅5m前後の周濠がめぐり、濠底近くまで葺石があり、後円部中央には主軸と同じ向きに竪穴(たてあな)式石室が設けられていた。全長5.35m、内法4.75m、東壁幅0.95m、西壁幅0.65mで、被葬者は東枕だったと推察されている。また、西壁平面に丸みをもたせるなど特色ある形をもち、副葬品には多くの鏡のほか、碧玉(へきぎょく)製管玉(玉杖かとも考えられる)やガラス玉、鉄剣、刀子が出土した。従来古墳の存在がない紀南地方における唯一の古墳であるばかりでなく、古墳時代前期に築かれた古墳である点においても重要な古墳とされ、1976年(昭和51)に国の史跡に指定された。JR紀勢本線下里駅から徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の下里古墳の言及

【和歌山[市]】より

…和歌山県北西端,紀伊水道に臨む県庁所在都市。人口39万3885(1995)。16世紀末,豊臣秀吉が紀ノ川河口付近に築いた和歌山城の城下町が都市としての起源で,浅野氏を経て,17世紀前半に入国した徳川頼宣(よりのぶ)が城下を拡大し,以来約300年間14代にわたって栄えた。明治維新後,県庁が置かれて県の政治・経済・文化の中心地となり,1889年,県下初の市制施行都市になったが,人口は5万人余,市域面積は8.6km2にすぎなかった。…

※「下里古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android