コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那智勝浦町 なちかつうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那智勝浦〔町〕
なちかつうら

和歌山県南東部,熊野灘にのぞむ町。 1955年那智町,勝浦町,宇久井村,色川村が合体して発足。 60年太田村,下里町を編入。中心集落は那智と勝浦で,那智は那智川上流域に位置し,熊野三山の1つ熊野那智大社の門前町として発達。背後に那智山を控え,那智大社のほか西国三十三所第1番札所の青岸渡寺,妙法山 (750m) にある女人高野の阿弥陀寺,那智の浜の補陀洛山寺などがあり,熊野信仰の一中心地をなす。勝浦は陸繋島の狼煙 (のろし) 半島にいだかれた天然の良港をもつ港町で,古くから新宮の外港,漁港として繁栄。現在も遠洋漁業の根拠地。湾岸は紀ノ松島とも呼ばれる沈降海岸の景勝地で,周辺には勝浦温泉や湯川温泉など豊富な温泉があり,熊野詣での湯垢離 (ゆごり) 場として利用された。熊野観光の拠点で名瀑那智滝は名勝に,那智大社の社叢那智原始林は天然記念物に指定されている。下里には史跡指定の下里古墳がある。伝統芸能の那智の田楽は重要無形民俗文化財。一帯は吉野熊野国立公園に属する。那智山スカイラインが通じ,海岸部を JR紀勢本線,国道 42号線が通る。面積 183.31km2(境界未定)。人口 1万5682(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

那智勝浦町の関連キーワード和歌山県東牟婁郡那智勝浦町狗子ノ川和歌山県東牟婁郡那智勝浦町八尺鏡野和歌山県東牟婁郡那智勝浦町西中野川和歌山県東牟婁郡那智勝浦町中ノ川和歌山県東牟婁郡那智勝浦町田垣内和歌山県東牟婁郡那智勝浦町下和田和歌山県東牟婁郡那智勝浦町口色川和歌山県東牟婁郡那智勝浦町熊瀬川和歌山県東牟婁郡那智勝浦町橋ノ川和歌山県東牟婁郡那智勝浦町南平野和歌山県東牟婁郡那智勝浦町高津気和歌山県東牟婁郡那智勝浦町南大居和歌山県東牟婁郡那智勝浦町高遠井和歌山県東牟婁郡那智勝浦町宇久井和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市野々和歌山県東牟婁郡那智勝浦町二河和歌山県東牟婁郡那智勝浦町坂足和歌山県東牟婁郡那智勝浦町粉白和歌山県東牟婁郡那智勝浦町小匠和歌山県東牟婁郡那智勝浦町北浜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那智勝浦町の関連情報