コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下﨟 ゲロウ

デジタル大辞泉の解説

げ‐ろう〔‐ラフ〕【下×﨟】

修行年数の浅い僧。⇔上﨟(じょうろう)
官位・身分の低い者。⇔上﨟
「同じ程、それより―の更衣たちは、まして安からず」〈・桐壺〉
下人。しもべ。下郎(げろう)。
「あやしき―なれども、聖人の戒めにかなへり」〈徒然・一〇九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の下﨟の言及

【女房】より

…上皇以下諸院宮や摂関以下貴族の家に仕える女性も,上級の者は女房と称された。順徳天皇撰の《禁秘抄》などによれば,宮中の女房は,役職や出身によって上﨟・小上﨟・中﨟・下﨟に分けられ,上﨟は二位・三位の典侍(ないしのすけ)(尚侍(ないしのかみ)は事実上消滅)や大臣の女など,小上﨟は公卿の女,中﨟は掌侍・命婦(みようぶ)で殿上人・諸大夫の女,下﨟は侍や神官などの女であり,これらの区別により服装や職務に差が設けられた。また女房は本名をもってよばれず,官名や国名などをつけてよばれたが,それにも上記の身分に応じて差があった。…

※「下﨟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下﨟の関連キーワード小上臈・小上﨟・小上臘上臈・上﨟・上臘中臈・中﨟・中臘事がな笛吹かん何処ともなし上﨟の随身哀れ・憐れ藤原信実下﨟女房戦慄く手無し物の数都辺り己等下座熟根聖人より中﨟侍名

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android