下﨟(読み)ゲロウ

  • げろう〔ラフ〕
  • 下×﨟

デジタル大辞泉の解説

修行年数の浅い僧。⇔上﨟(じょうろう)
官位・身分の低い者。⇔上﨟
「同じ程、それより―の更衣たちは、まして安からず」〈・桐壺〉
下人。しもべ。下郎(げろう)。
「あやしき―なれども、聖人の戒めにかなへり」〈徒然・一〇九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下﨟の言及

【女房】より

…上皇以下諸院宮や摂関以下貴族の家に仕える女性も,上級の者は女房と称された。順徳天皇撰の《禁秘抄》などによれば,宮中の女房は,役職や出身によって上﨟・小上﨟・中﨟・下﨟に分けられ,上﨟は二位・三位の典侍(ないしのすけ)(尚侍(ないしのかみ)は事実上消滅)や大臣の女など,小上﨟は公卿の女,中﨟は掌侍・命婦(みようぶ)で殿上人・諸大夫の女,下﨟は侍や神官などの女であり,これらの区別により服装や職務に差が設けられた。また女房は本名をもってよばれず,官名や国名などをつけてよばれたが,それにも上記の身分に応じて差があった。…

※「下﨟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android