コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不利益処分 ふりえきしょぶん

2件 の用語解説(不利益処分の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

不利益処分【ふりえきしょぶん】

行政手続法(1993年)上は,行政庁が,法令に基づき,特定の者を名宛人として直接これに義務を課し,もしくはその権利を制限する処分。典型的には許認可の取消処分,営業停止処分,法人役員解任処分など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふりえきしょぶん【不利益処分】

行政決定のなかには,営業許可の取消処分,税金の更正処分,外国人の退去強制処分など処分の相手方の権利利益に不利益な効果をもたらすものがあり,これらを行政法では不利益処分とよんでいる。不利益処分は,行政庁の判断内容によっては違法,不当に処分の相手方の権利利益を侵害する可能性があるので,その判断過程は公正でなければならない。そこで1993年に制定された行政手続法は第3章で不利益処分に関する規定を設けて,処分が公正に行われるよう配慮している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不利益処分の関連キーワード抗告訴訟民宿営業停止営業免許許可営業裁量処分取消権行政不服審査制度六ケ所村の核燃事業許可取り消し行政訴訟板金工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不利益処分の関連情報