コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不均衡進化論 ふきんこうしんかろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不均衡進化論
ふきんこうしんかろん

二重螺旋構造のデオキシリボ核酸 DNAが二つに分かれて複製されるとき,両方の鎖の上で起こる変異の頻度は同じではなく,片方での頻度が高く,これによって多様な遺伝子を生み出しうるという仮説。 1992年,新技術事業団の古沢満博士が提唱し,大腸菌をモデルにした実験で確証を得た。これにより生物が環境の変化に適応して進化してきたことをうまく説明できるうえ,有用な新種の微生物を効率よく生み出すことが可能になると期待されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

不均衡進化論の関連キーワード組換えDNADNA鑑定遺伝子工学DNA遺伝子核酸逆転写酵素制限酵素PCR遺伝的組換え

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android