コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不覚 フカク

2件 の用語解説(不覚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐かく【不覚】

[名・形動]
心や意識がしっかりしていないこと。思わず知らずそうなること。また、そのさま。「―にも涙を流す」「前後―」
油断して失敗すること。また、そのさま。「―の一敗を喫す」
覚悟がしっかり決まっていないこと。また、そのさま。
「さては降人に出たる―の人どもが」〈太平記・三八〉
愚かなこと。また、そのさま。
「あら―や。云ひ甲斐なき女房かな」〈沙石集・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふかく【不覚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
意識がはっきりしていないこと。思わず知らずすること。また、そのさま。 「前後-に陥る」 「 -の涙を流す」
油断して失敗すること。しくじること。また、そのさま。 「 -にも気づかなかった」
覚悟がしっかりしていないこと。卑怯未練なこと。また、そのさま。 「最期の有様、剛なりとも申し、又-なりとも申す/謡曲・摂待」
おろかな・こと(さま)。 「母にも似ず、極めたる-の者にてありければ/今昔 31
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の不覚の言及

【本覚思想】より

…しかし,〈さとり〉を体験するのは,本来わが身にさとりがそなわっているからだとして,それを本覚と名づける。本覚,すなわち本来そなえている覚(さとり)に気づかないことを不覚(ふかく)といい,不覚をとりはらうことによって始覚を得られると考えられた。《金剛三昧経》《仁王般若経》に本覚の語がみえ,《大乗起信論》には始覚と本覚との関係が述べられている。…

※「不覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不覚の関連キーワード堅気気丈空疎堅確堅牢心確か貞烈無定見物覚ゆよぼよぼ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不覚の関連情報