コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不覚 フカク

デジタル大辞泉の解説

ふ‐かく【不覚】

[名・形動]
心や意識がしっかりしていないこと。思わず知らずそうなること。また、そのさま。「不覚にも涙を流す」「前後不覚
油断して失敗すること。また、そのさま。「不覚の一敗を喫す」
覚悟がしっかり決まっていないこと。また、そのさま。
「さては降人に出たる―の人どもが」〈太平記・三八〉
愚かなこと。また、そのさま。
「あら―や。云ひ甲斐なき女房かな」〈沙石集・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかく【不覚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
意識がはっきりしていないこと。思わず知らずすること。また、そのさま。 「前後-に陥る」 「 -の涙を流す」
油断して失敗すること。しくじること。また、そのさま。 「 -にも気づかなかった」
覚悟がしっかりしていないこと。卑怯未練なこと。また、そのさま。 「最期の有様、剛なりとも申し、又-なりとも申す/謡曲・摂待」
おろかな・こと(さま)。 「母にも似ず、極めたる-の者にてありければ/今昔 31
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の不覚の言及

【本覚思想】より

…しかし,〈さとり〉を体験するのは,本来わが身にさとりがそなわっているからだとして,それを本覚と名づける。本覚,すなわち本来そなえている覚(さとり)に気づかないことを不覚(ふかく)といい,不覚をとりはらうことによって始覚を得られると考えられた。《金剛三昧経》《仁王般若経》に本覚の語がみえ,《大乗起信論》には始覚と本覚との関係が述べられている。…

※「不覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不覚の関連キーワード取る・執る・採る・捕る・撮る・摂る・脱る「春暁」孟浩然前後も知らず二見 忠男熊谷 一弥虎渓三笑災い・禍本覚思想酔っ払う前後不覚健御前敵対ふ不覚人一の筆枯れ菊成上り懸想人不覚悟零す為る

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不覚の関連情報