コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱買臣 しゅばいしんZhu Mai-chen; Chu Mai-ch`ên

4件 の用語解説(朱買臣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱買臣
しゅばいしん
Zhu Mai-chen; Chu Mai-ch`ên

[生]?
[没]元鼎2(前115)
中国,前漢の武帝時代の官僚。蘇州の人。同郷の厳助の推薦により武帝に仕え,侍中に進んだ。のち東越平定の策を献じ,会稽太守となり,将軍韓説とともにこれを討伐。主爵都尉から九卿に上った。御史大夫張湯の罪状を告発して自殺させたが,自分も誅された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ばいしん【朱買臣】

[?~前109]中国、前漢の政治家。呉県(江蘇省)の人。家が貧しく、薪を売りながら独学。武帝に見いだされて会稽(かいけい)太守となり、丞相長吏まで出世した。大器晩成のたとえにされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅばいしん【朱買臣 Zhū Mǎi chén】

?‐前109
中国,前漢の官僚。字は翁子。呉(江蘇省蘇州市)の人。家は貧しかったが読書を好み,薪を売って生計をたてたという。武帝のとき,同郷の厳助に推薦されて召し出され,帝に《春秋》《楚辞》を説いて認められ,中大夫に拝せられた。のち東越の反乱を鎮めるため会稽太守に任ぜられてこれを討ち,功績によって主爵都尉(列侯の管理係)にのぼった。しかし,当時の御史大夫張湯と反目し,帝に湯の秘密をあばいて自殺に追いやったが,みずからもまた誅せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

朱買臣の関連キーワード国際オリンピック委員会IOCバンタム級ウンウンペンチウム木村次郎右衛門イラク戦争US‐VISITプログラムP-X哨戒機首相指名JR宝塚線脱線事故

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone