コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱買臣 しゅばいしんZhu Mai-chen; Chu Mai-ch`ên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱買臣
しゅばいしん
Zhu Mai-chen; Chu Mai-ch`ên

[生]?
[没]元鼎2(前115)
中国,前漢の武帝時代の官僚。蘇州の人。同郷の厳助の推薦により武帝に仕え,侍中に進んだ。のち東越平定の策を献じ,会稽太守となり,将軍韓説とともにこれを討伐。主爵都尉から九卿に上った。御史大夫張湯の罪状を告発して自殺させたが,自分も誅された。若いとき薪を背負って読書にふけり,妻は愛想をつかし離縁したが,のち故郷に錦を飾った彼をみて,恥じて自殺したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ばいしん【朱買臣】

[?~前109]中国、前漢の政治家。呉県(江蘇省)の人。家が貧しく、薪を売りながら独学。武帝に見いだされて会稽(かいけい)太守となり、丞相長吏まで出世した。大器晩成のたとえにされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅばいしん【朱買臣 Zhū Mǎi chén】

?‐前109
中国,前漢の官僚。字は翁子。呉(江蘇省蘇州市)の人。家は貧しかったが読書を好み,薪を売って生計をたてたという。武帝のとき,同郷の厳助に推薦されて召し出され,帝に《春秋》《楚辞》を説いて認められ,中大夫に拝せられた。のち東越の反乱を鎮めるため会稽太守に任ぜられてこれを討ち,功績によって主爵都尉(列侯の管理係)にのぼった。しかし,当時の御史大夫張湯と反目し,帝に湯の秘密をあばいて自殺に追いやったが,みずからもまた誅せられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅばいしん【朱買臣】

?~前109) 中国、前漢の政治家。字あざなは翁子。家貧しく、薪まきを背負いながら読書に励んだ。のち会稽太守として東越の乱を鎮圧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朱買臣の関連キーワード覆水盆に返らず鎮圧

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android