不遷法序(読み)ふせん ほうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

不遷法序 ふせん-ほうじょ

1313-1383 南北朝時代の僧。
正和(しょうわ)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。相模(さがみ)(神奈川県)の人。夢窓疎石(むそう-そせき)の法をつぐ。近江(おうみ)(滋賀県)徳雲寺をへて天竜寺,南禅寺住持となった。永徳3=弘和(こうわ)3年12月4日死去。71歳。俗姓二階堂。号は三秀。諡号(しごう)は仏照慈明禅師。著作に「菩薩(ぼさつ)蛮」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android