コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界天文年 セカイテンモンネン

デジタル大辞泉の解説

せかい‐てんもんねん【世界天文年】

国際年の一。2009年(平成21)。地動説を唱えたガリレオ=ガリレイが初めて望遠鏡を使って星を観察したとされる1609年から400年目にあたるとして、国際連合ユニセフ国際天文学連合により定められた。148の国と地域が参加。ガリレオにちなんで月や木星を観察するなど、世界各地で星に親しむ行事が開催された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

世界天文年

2009年。国連が定めた国際年のひとつ。天文学と基礎科学の重要性をアピールすることを目的とする。英語表記は《International Year of Astronomy》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界天文年の関連キーワードガリレイ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android