コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界自然遺産 セカイシゼンイサン

4件 の用語解説(世界自然遺産の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せかい‐しぜんいさん〔‐シゼンヰサン〕【世界自然遺産】

自然遺産

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界自然遺産

優れた自然の景観や地形、貴重な動植物見られる場所など、世界的に守り伝える価値がある地域を、世界遺産条約に基づきユネスコが登録する。国内では屋久島鹿児島県)と、白神山地(青森、秋田両県)が1993年に初めて登録された。2005年に知床(北海道)、11年に小笠原諸島(東京都)が続き、現在計4カ所。奄美群島琉球諸島をあわせた「奄美・琉球」が5番目の登録を目指している。

(2015-03-15 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せかいしぜんいさん【世界自然遺産】

世界遺産保護条約によって登録されている地域。鑑賞・学術・保存の上で普遍的な価値を持つ特徴的な自然の地域、脅威にさらされている動植物の種の生息地など。 → 世界遺産

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界自然遺産
せかいしぜんいさん

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産条約に基づき「世界遺産リスト」に登録されている、優れた価値をもつ地形や生物、景観などを有する地域。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界自然遺産の関連キーワード文化遺産世界遺産保護条約複合遺産自然遺産アユタヤ世界遺産の祭典世界遺産暫定リストイコモス(ICOMOS・国際記念物遺跡)世界遺産登録世界遺産と産業遺産世界遺産の推薦と登録

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界自然遺産の関連情報