コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界食糧情報・早期警告システム せかいしょくりょうじょうほう・そうきけいこくシステムGlobal Information and Early Warning System on Food and Agriculture

1件 の用語解説(世界食糧情報・早期警告システムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界食糧情報・早期警告システム
せかいしょくりょうじょうほう・そうきけいこくシステム
Global Information and Early Warning System on Food and Agriculture

1974年に開かれた世界食糧会議の決議の一つ。日本が提案したもので,情報システム国連食糧農業機関 FAOにおき,小麦,米,飼料穀物,大豆,畜産物について各国からデータの提出を受け,現況と見通しを各国に定期的に配布するというものである。この提案には,ほぼ全参加国が賛成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界食糧情報・早期警告システムの関連キーワードポルトガル文学藤田敏八怨歌橋百景キューティーハニー日活(株)臨時工宇宙戦艦ヤマト伊豆半島沖地震ジスカール・デスタン朴槿恵

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone