コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世良田義周 せらだ よしちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

世良田義周 せらだ-よしちか

?-1358 南北朝時代の武将。
世良田義政の弟。新田義貞の子義興(よしおき)にしたがって南朝方として足利氏とたたかう。武蔵(むさし)多摩川矢口渡(やぐちのわたし)で延文3=正平(しょうへい)13年10月10日義興が謀殺されたとき,自害した。上野(こうずけ)(群馬県)出身。通称は右馬助

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世良田義周の関連キーワード世良田義政南北朝時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android