コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丘灯至夫 おかとしお

3件 の用語解説(丘灯至夫の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

丘灯至夫【おかとしお】

作詞家。福島県小野町に生まれる。西条八十に師事。日本放送協会を経て毎日新聞入社。1949年,日本コロンビア専属作詞家となる。1963年,舟木一夫の《高校三年生》などで日本レコード大賞作詞賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

丘灯至夫

おかとしお。本名・西山安吉(1917~2009)。毎日新聞出版局記者のかたわら、49年にコロムビア専属の作詞家になる。「高原列車は行く」や「東京のバスガール」が大ヒットし、「高校三年生」(63年)ではレコード大賞作詩賞を受賞した。歌謡曲をはじめ、童謡、アニメ主題歌、社歌、校歌など作詞した楽曲は3千曲にのぼる。「新聞記者は押しと顔(おしとかお)」が持論で、これを逆さまにしてペンネームにした。

(2011-12-07 朝日新聞 朝刊 茨城全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丘灯至夫 おか-としお

1917-2009 昭和後期-平成時代の作詞家。
大正6年2月8日生まれ。NHKの職員をへて毎日新聞記者となり,かたわら西条八十に師事。昭和24年コロムビアレコード専属となり,「高原列車は行く」「東京のバスガール」などを作詞。38年「高校三年生」が大ヒット。また作品に「猫ふんじゃった」などの童謡,「みなしごハッチ」「ハクション大魔王」などアニメの主題歌もある。平成21年11月24日死去。92歳。福島県出身。郡山商業卒。本名は西山安吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

丘灯至夫の関連キーワード青木和夫長田裕二高宮行男竹見淳一辻隆遠山あき中西陽一松木重雄横堀武夫河野道代

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone