両儀(読み)りょうぎ

精選版 日本国語大辞典「両儀」の解説

りょう‐ぎ リャウ‥【両儀】

〘名〙
① 陰と。また、天と地。
※続日本紀‐神亀二年(725)九月壬寅「順両儀、以亭毒、叶四序、而斉成」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「太極両儀(リャウギ)を生じ、両儀(リャウギ)陰陽を生じ、陰陽夫婦を生(な)す」 〔経‐繋辞上〕
② 二つの事柄。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両儀」の解説

りょう‐ぎ〔リヤウ‐〕【両儀】

陰と陽。また、天と地。
「太極―を生じ、―陰陽を生じ、陰陽夫婦を生(な)す」〈読・弓張月・後〉
二つの事柄。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android