コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両大師 りょうだいし

大辞林 第三版の解説

りょうだいし【両大師】

慈恵大師と慈眼大師をいう。東京上野の寛永寺にまつられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両大師
りょうだいし

天台宗で良源(りょうげん)と天海(てんかい)を並べ両大師として尊崇する。ともに、平安なかばと、戦国時代末に荒廃した比叡山(ひえいざん)と天台宗を復興し、良源は第18世天台座主(ざす)となり、慈恵(じえ)大師と諡(おくりな)し、天海は上野東叡(とうえい)山寛永(かんえい)寺を開山、慈眼(じげん)大師と諡する。両大師の験力は民間の信仰を集め上野(うえの)の両大師など、とくに関東一円に盛んである。[木内曉央]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

両大師の関連キーワード華厳宗祖師絵伝山王一実神道慈恵大師慈眼大師華厳縁起天台宗寛永寺