本坊(読み)ホンボウ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐ぼう〔‐バウ〕【本坊】

末寺から本寺をいうときの呼び名。
寺院で、住職の住む僧坊。
「―において誹諧興行」〈奥の細道
自分の住む坊。自坊。
「験者たちは我が―にぞ帰りける」〈謡・道成寺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんぼう【本坊】

(子院に対して)本院のこと。
寺で、住職の住む所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐ぼう ‥バウ【本坊】

〘名〙
子院に対して本院をいう。
※吾妻鏡‐建保元年(1213)正月四日「渡御若宮別当雪下本坊
② 自分の住む本房
※九冊本宝物集(1179頃)二「相応はぢをいだき名をおりて、本坊無動寺に帰りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本坊の関連情報