コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中井猛之進 なかい たけのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中井猛之進 なかい-たけのしん

1882-1952 明治-昭和時代の植物学者。
明治15年11月9日生まれ。中井英夫の父。昭和2年母校東京帝大の教授。朝鮮などの植物分類・研究をおこない,同年学士院桂公爵記念賞。17年日本占領下のジャワのボイテンゾルフ(現ボゴール)植物園長。22年東京科学博物館長。昭和27年12月6日死去。70歳。岐阜県出身。著作に「朝鮮森林植物誌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中井猛之進
なかいたけのしん
(1882―1953)

植物分類学者。岐阜市の生まれ。1907年(明治40)東京帝国大学理科大学植物学科を卒業、翌年助手として植物園に勤務。1907年以来、朝鮮半島の植物の調査研究を続け、1927年(昭和2)に「朝鮮植物の研究」で帝国学士院から桂(かつら)公爵記念賞を受賞、同年教授となる。以後、定年退職(1942)まで日本のほか朝鮮、中国、南洋、東南アジアの植物調査を行い、多数の植物を命名記載し、昭和初期の日本の植物学を性格づけた。定年後は陸軍軍政官として、インドネシアのボゴール植物園長を務め(1943~1945)、1947年(昭和22)以降、没年まで国立科学博物館長の地位にあった。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中井猛之進の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中井猛之進の関連情報