コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中井猛之進 なかい たけのしん

2件 の用語解説(中井猛之進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中井猛之進 なかい-たけのしん

1882-1952 明治-昭和時代の植物学者。
明治15年11月9日生まれ。中井英夫の父。昭和2年母校東京帝大の教授。朝鮮などの植物分類・研究をおこない,同年学士院桂公爵記念賞。17年日本占領下のジャワのボイテンゾルフ(現ボゴール)植物園長。22年東京科学博物館長。昭和27年12月6日死去。70歳。岐阜県出身。著作に「朝鮮森林植物誌」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中井猛之進
なかいたけのしん
(1882―1953)

植物分類学者。岐阜市の生まれ。1907年(明治40)東京帝国大学理科大学植物学科を卒業、翌年助手として植物園に勤務。1907年以来、朝鮮半島の植物の調査研究を続け、1927年(昭和2)に「朝鮮植物の研究」で帝国学士院から桂(かつら)公爵記念賞を受賞、同年教授となる。以後、定年退職(1942)まで日本のほか朝鮮、中国、南洋、東南アジアの植物調査を行い、多数の植物を命名記載し、昭和初期の日本の植物学を性格づけた。定年後は陸軍軍政官として、インドネシアのボゴール植物園長を務め(1943~1945)、1947年(昭和22)以降、没年まで国立科学博物館長の地位にあった。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中井猛之進の関連キーワード早田文蔵大井次三郎上妻博之郡場寛関本平八原寛堀川芳雄本田正次前川文夫吉野善介

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中井猛之進の関連情報