コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国学士院 テイコクガクシイン

デジタル大辞泉の解説

ていこく‐がくしいん〔‐ガクシヰン〕【帝国学士院】

学術の発達を図ることを目的に、明治39年(1906)文部大臣管理下に設置された最高学術機関。会員は定数100名で、勅任官待遇。日本学士院前身

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていこくがくしいん【帝国学士院】

近代、文部大臣の管理下にあった学術関係の最高機関。1906年(明治39)従来の東京学士会院を帝国学士院に改組。日本学士院の前身。会員は勅任官待遇で、終身。定員一〇〇名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の帝国学士院の言及

【日本学士院】より

…かくて,文部省は明六社系の学者たちの協力を得て,東京学士会院を設立したのである。このように,東京学士会院はいわば学術上の〈鹿鳴館〉として誕生したわけであり,設立当初はさしたる内実をもたなかったのは当然であったが,万国学士院連合Union académique internationale(略称UAI)への加盟を契機に,1906年には帝国学士院へと改組され,しだいに学術機関としての体裁を整えるにいたった。すなわち,10年皇室からの下賜金を基金に制定された恩賜賞や,翌11年財閥からの寄付金により設けられた学士院賞などの授賞制度は学士院の権威を高めたし,各種の研究補助金は学術振興に一定の役割を果たした。…

※「帝国学士院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帝国学士院の関連キーワード本居豊穎・本居豊頴岡野 敬次郎ゴルドバッハ布施 現之助菊田 多利男移川 子之蔵日本学士院賞東京学士会院沢口 悟一草野 俊助神戸 正雄荒木寅三郎信夫 淳平上坂 熊勝大村 西崖朝比奈泰彦功力金二郎貴族院議員木原 玉汝掛谷 宗一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android