コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中備 なかぞなえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中備
なかぞなえ

備えともいう。日本建築組物と組物の間にあって各種桁を受ける支持材のこと。本来構造材であるが,装飾的要素が強い。桁の上に束を立てた間斗束 (けんとづか) があり,撥束 (ばちづか) ,蓑束 (みのづか) など装飾を施したものがあり,間斗束の左右に装飾を描いたものを笈形 (おいがた) と呼ぶ。和様では蟇股 (かえるまた) を用いることもあり,室町以降,動植物文様も現れ,透かし彫丸彫も行われるようになった。桃山,江戸時代には彫刻がさらに大きく華美になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中備の関連キーワード大草太郎右馬溝手 保太郎大塚 笹一溝手保太郎城米奉行鈴木周一大田皇女寒地病案大塚笹一独楽寺

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android