コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原和郎 なかはらかずお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中原和郎
なかはらかずお

[生]1896.9.14. 鳥取
[没]1976.1.21. 東京
生理学者。 1918年アメリカ,コーネル大学生物科卒業後ロックフェラー医学研究所助手。 1925年に帰国し,東京大学伝染病研究所,理化学研究所主任研究員。 34年癌研究所に入り,45年同副所長。 52年国立がんセンターの創立に伴い同センター研究所長,74年同総長となる。 48年,腫瘍組織中よりトキソホルモンを発見。発癌機構の加算理論などで国際的に著名な癌研究者であった。また,ウスバカゲロウやチョウの研究家としても知られている。 74年日本学士院会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原和郎 なかはら-わろう

1896-1976 大正-昭和時代の生化学・がん学者。
明治29年9月14日生まれ。ロックフェラー医学研究所につとめ,東大伝染病研究所所員,癌研究所所長などをへて昭和37年国立がんセンター研究所初代所長となる。49年同センター総長。がんの生化学的研究をおこない,がん細胞からトキソホルモンを抽出した。福岡文子,杉村隆らをそだて,40年福岡との共同研究で学士院賞。昭和51年1月21日死去。79歳。鳥取県出身。コーネル大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中原和郎の関連キーワード国立がん研究センター昭和時代悪液質

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android