コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中外炉工業 ちゅうがいろこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中外炉工業
ちゅうがいろこうぎょう

鉄鋼向けに実績をもつ工業炉の最大手企業。 1935年に個人設立した中外工業所を前身に,45年改組して現社名で設立。重油バーナーの設計・製作を皮切りに技術開発を進め,鉄鋼業界向けの均熱炉,加熱炉で力をつけた。早くから海外企業とも技術提携を行なっており現在の基礎を築いた。主力の鉄鋼向けのほか非鉄鋼熱処理炉などさまざまなハイテク分野に独自技術による熱処理炉を提供する。ダイオキシン分解装置,CO2排出削減型真空浸炭炉など環境関連の新製品開発に意欲的。売上構成比は,工業炉 56%,産業機械 38%,燃焼機器7%。年間売上高 348億 8500万円 (連結。うち輸出 48%) ,資本金 61億 7600万円,従業員数 685名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

中外炉工業

正式社名「中外炉工業株式会社」。英文社名「Chugai Ro Co., Ltd.」。建設業。昭和20年(1945)設立。本社は大阪市中央区平野町。工業炉の最大手。鉄鋼・自動車・電機産業向けに実績。薄型平面ディスプレイ製造装置・大気浄化設備など産業機械や環境関連機械も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード1964。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android