中央新聞(読み)ちゅうおうしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央新聞
ちゅうおうしんぶん

改進党系の小 (こ) 新聞として創刊され,のち政友会の機関紙となった新聞。『絵入朝野新聞』を母体とした『東京中央新聞』が 1891年8月に改題されたもので,1910年政友会の機関紙となった。シーメンス事件で内閣を支持したため読者を失い,さらに関東大震災により衰微した。政友会解党後の 41年1月『日本産業報国新聞』と改題

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

中央新聞

日本の新聞のひとつ。山田風外(孝之介)が創刊した「絵入朝野新聞」を源流とする「東京中新聞」を大岡育造が買収・改題して1891年に創刊。国民協会、のち立憲政友会の機関紙となる。関東大震災後の影響で衰退。政友会解党後の1941年、「日本産業報国新聞」となるが、1944年に廃刊。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央新聞の関連情報