コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央新聞 ちゅうおうしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央新聞
ちゅうおうしんぶん

改進党系の小 (こ) 新聞として創刊され,のち政友会の機関紙となった新聞。『絵入朝野新聞』を母体とした『東京中央新聞』が 1891年8月に改題されたもので,1910年政友会の機関紙となった。シーメンス事件で内閣を支持したため読者を失い,さらに関東大震災により衰微した。政友会解党後の 41年1月『日本産業報国新聞』と改題

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中央新聞の関連キーワードくにびき・こども博吉植 庄一郎宮川 鉄次郎絵入朝野新聞山本 松之助吉田 孤羊小野喜代子青木 精一石橋 思案松井 柏軒岡村 柿紅田村 西男兼田 秀雄川崎 紫山湯浅 真生大岡 育造水田 南陽若杉 鳥子清 崟太郎田村 三治

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央新聞の関連情報