コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡育造 おおおかいくぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大岡育造
おおおかいくぞう

[生]安政3(1856).6.3. 山口
[没]1928.1.26. 静岡
政治家。講法学館,司法省法学校などに学び,1890年『中央新聞』を発刊。同年帝国議会開設に際し山口県より衆議院に当選,政界に入った。以来当選 12回。 1900年伊藤博文の立憲政友会創設に参加,政友会総務をつとめ,その後東京市参事会員,東京市会議長などを歴任。 12年衆議院議長となり,14年には山本内閣文相に就任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大岡育造【おおおかいくぞう】

政治家。長門(ながと)国豊浦郡の出身。代言人を経て,《中央新聞》などを経営。1890年以後衆議院議員に12回当選政友会総務,東京市議会議長を歴任し,1912年以後は衆議院議長に3回就任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岡育造 おおおか-いくぞう

1856-1928 明治-昭和時代前期の政治家。
安政3年6月3日生まれ。司法省法学校にまなび代言人となる。明治23年第1回の衆議院議員(当選13回)。33年政友会に参加。東京市会議長,衆議院議長,第1次山本内閣の文相。昭和3年1月26日死去。73歳。長門(ながと)(山口県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大岡育造
おおおかいくぞう
(1856―1928)

明治・大正時代の政党政治家。長州生まれ。司法省法学校に学び弁護士となる。1880年(明治13)政治評論雑誌『東京輿論(よろん)新誌』を創刊、1890年『江戸新聞』を買収して『中央新聞』として発行、薩閥(さつばつ)系機関紙と目された。また同年山口県より代議士に当選、初め大成会に属し、1892年には西郷従道(つぐみち)らを擁して国民協会を結成した。1900年(明治33)伊藤博文(ひろぶみ)の立憲政友会創立に参画、総務委員となった。さらに1903年東京市参事会員となって市政に参与、1912年(大正1)には衆議院議長に選ばれ、第一次護憲運動の渦中で桂(かつら)太郎首相に辞職を勧奨し、辞任を決意させた。続く山本権兵衛(ごんべえ)内閣には、奥田義人(おくだぎじん)の後を継いで1914年文相となったが、やがて内閣総辞職となり手腕を発揮することなく終わった。[宇野俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大岡育造の関連キーワード憲政擁護運動長谷場純孝協調会発刊

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android