コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中小企業総合事業団 ちゅうしょうきぎょうそうごうじぎょうだん

2件 の用語解説(中小企業総合事業団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中小企業総合事業団
ちゅうしょうきぎょうそうごうじぎょうだん

中小企業の振興と経営の安定,小規模企業者の福祉の増進をはかるなど,中小企業施策の総合的実施機関として設立された事業団。従来の中小企業信用保険公庫中小企業事業団繊維産業構造改善事業協会を統合し,1999年7月1日に発足した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中小企業総合事業団
ちゅうしょうきぎょうそうごうじぎょうだん

現、中小企業基盤整備機構中小企業総合事業団は、1999年(平成11)制定の中小企業総合事業団法に基づき設立された国の中小企業施策の総合的実施機関であり、同年7月に特殊法人等の整理合理化の一環として、中小企業信用保険公庫、中小企業事業団、繊維産業構造改善事業協会の業務を承継して発足した。
 中小企業の振興、小規模企業者の福祉の増進および経営安定を目的として活動を行い、組合設立の促進など経営体質の改善や地方公共団体の協力により経営基盤の強化を支援する「高度化事業」や、中小企業の円滑な運営、発展に役だつ事業として、取引事業者の倒産や経営難に陥る事態の発生時などに、一定の掛け金により共済金の貸し付けを受けられる中小企業倒産防止共済事業、中小企業の「事業者の退職金制度」ともいえる小規模企業共済事業、金融機関から事業資金を借り入れる際にその借入債務の保証人となる信用保険事業などを行った。
 2004年7月、特殊法人改革の一環として制定された独立行政法人中小企業基盤整備機構法(平成14年法律第147号)に基づき、産業基盤整備基金、地域振興整備公団の産業系部門と統合され、中小企業基盤整備機構となった。なお中小企業信用保険事業および信用保証協会に対する融資事業は中小企業金融公庫(現、日本政策金融公庫中小企業事業)へ移管された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中小企業総合事業団の関連キーワード企業組合中小企業庁中小企業投資育成株式会社小規模企業零細企業小規模企業の倒産増加中小企業家同友会中小企業の事業承継小規模企業共済法小規模企業経営改善資金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone