コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島たつ なかじま たつ

1件 の用語解説(中島たつの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島たつ なかじま-たつ

1832-1898 幕末-明治時代の女性。
天保(てんぽう)3年4月5日生まれ。武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)南川村にすみ,養父の失明,母の病弱,自身の離婚と相つぐくるしい生活の中で炭焼きなどをして父母に孝養をつくす。代官から表彰され米の給与と金一封をうけ,賞金でかった山林は孝行山として知られる。明治31年1月27日死去。67歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島たつの関連キーワード社会小説雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎キャロル有吉明船津伝次平

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone