中島一葉(読み)なかしま いちよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島一葉 なかしま-いちよう

1896-1973 昭和時代の狂句作家。
明治29年4月24日生まれ。熊本相互銀行専務。作句,選評,指導につとめ,肥後狂句中興の祖といわれる。昭和35年肥後狂句連盟を結成,初代会長。昭和48年12月29日死去。77歳。熊本県出身。本名は一郎。句集に「肥後狂句」。
【格言など】生れ故郷わが楽書の残る宮(熊本市,健軍神社の句碑)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android