コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島以政 なかじま いせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島以政 なかじま-いせい

1843-1907 幕末-明治時代の武士,殖産家。
天保(てんぽう)14年7月4日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)志筑(しづく)藩郷士。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍のために尽力。維新後は植林,養蚕の普及など,地域の殖産興業につくした。明治40年12月23日死去。65歳。本姓は川俣。通称は初右衛門,のち元八。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島以政の関連キーワードライト[各個指定]工芸技術部門アメリカ合衆国史(年表)グリーグの家ルノー近・現代アフリカ史(年表)複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android