コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島利兵衛 なかじま りへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島利兵衛 なかじま-りへえ

1720-1781 江戸時代中期の農民。
享保(きょうほう)5年生まれ。武蔵(むさし)那珂(なか)郡(埼玉県)猪俣(いのまた)村の名主。酒造業もいとなむ。宝暦(ほうれき)13年平賀源内と知りあい,源内の火浣布(かかんぷ)(石綿製の耐火布)の製作や鉱山の開発に協力,「火浣布略説」の校訂にもあたった。天明元年11月2日死去。62歳。幼名は丹次。名は貞叔。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島利兵衛の関連キーワード享保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android