コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島多茂都 なかじま たもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島多茂都 なかじま-たもつ

1900-1970 昭和時代の日本画家。
明治33年8月30日生まれ。大正9年から前田青邨(せいそん)に師事。院展への出品をつづけ,戦後「伊豆の玄岳」「仙石原村」など,点描法をもちいた風景画で日本美術院賞を受賞。昭和27年日本美術院同人。38年には「長崎三題(崇福寺眼鏡橋・大浦聖堂)」が文部大臣賞。昭和45年7月30日死去。69歳。静岡県出身。本名は保。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中島多茂都の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android