コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島浮山 なかじま ふざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島浮山 なかじま-ふざん

1658-1727 江戸時代前期-中期の儒者。
万治(まんじ)元年生まれ。中島棕隠の曾祖父。京都の人。伊藤仁斎(じんさい)にまなぶ。講説を業とした。享保(きょうほう)12年6月10日死去。70歳。名は義方。字(あざな)は正佐。別号に訥所,孤山。著作に「四書通解」「傍訓五経正文」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島浮山の関連キーワード光琳模様サンゴブーランビリエジョージエカチェリーナジョージジョージ2世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)布屋次兵衛ポンシャルトラン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone