コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中御門宣明 なかみかど のぶあき

2件 の用語解説(中御門宣明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中御門宣明 なかみかど-のぶあき

1302-1365 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
乾元(けんげん)元年生まれ。中御門経宣(つねのぶ)の子。春宮亮(とうぐうのすけ),蔵人頭(くろうどのとう)などをへて,暦応2=延元4年参議。後醍醐(ごだいご)天皇の比叡山(ひえいざん)行幸にしたがったが,のち北朝につかえる。伝奏,評定衆などをつとめ,貞治(じょうじ)元=正平(しょうへい)17年権(ごんの)大納言。正二位。貞治4=正平20年6月3日死去。64歳。初名は宣藤(のぶふじ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中御門宣明

没年:貞治4/正平20.6.3(1365.6.22)
生年:乾元1(1302)
鎌倉末・南北朝期の公卿。父は参議経宣,母は藤原長成の娘。もと宣藤という。法名乗誓。宮内権少輔,勘解由次官,蔵人,蔵人頭,参議などを歴任し,貞和4/正平3(1348)年権中納言,康安1/正平16年に権大納言となる。この間,後醍醐天皇の蔵人として元弘から延元年間(1331~40)にかけて綸旨を奉じており,記録所の寄人としても活動している。しかし,南北朝期にはいると北朝の廷臣としての立場をとるなどしたが,一時,後村上天皇のもとにも祗候している。のち北朝の後光厳天皇擁立に関与した。『新千載和歌集』に和歌が収められた歌人でもあった。

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中御門宣明の言及

【中御門家】より

…(1)藤原氏北家の流れ。家格は羽林家。右大臣藤原頼宗の孫にあたる権大納言宗俊(1046‐97)を祖とし,その子藤原宗忠が中御門に居を構えたのにちなんで家号とした。宗忠の日記《中右記》は,中御門右大臣記の略である。宗忠の弟宗輔,その子伊通(これみち)は太政大臣に,また宗忠の子宗能は内大臣に補任されるなど,院政期に相次いで顕要の職を占めた。その後,鎌倉・室町時代は大納言を先途とし,室町時代の権中納言宗宣のとき以来松木を号した。…

※「中御門宣明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中御門宣明の関連キーワード世尊寺伊俊今出川兼季九条道教久我長通西園寺公重四条隆蔭園基隆中院通冬中御門経宣中山親雅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone