コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中敷居 チュウジキイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐じきい〔‐じきゐ〕【中敷居】

上下二段になっている押し入れの中央にある敷居上下別々に(ふすま)などを立てるときに取り付ける。なかじきい。

なか‐じきい〔‐じきゐ〕【中敷居】

押入などを二段に分けるとき、鴨居(かもい)と敷居との中間に入れる敷居。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかじきい【中敷居】

押し入れなどで、襖ふすまを上下別々に入れる場合、中間に設ける敷居。両面に溝があり、敷居と鴨居を兼ねる。ちゅうじきい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中敷居の言及

【敷居】より

…板戸,障子,ふすまなど引戸を開け閉めするための溝を突いたものが普通であるが,開き戸や開放の所に取り付けた溝のない無目(むめ)敷居もある。また,押入れや戸棚など上下2段に分けて建具を建てるとき,中間の敷居(下段には鴨居(かもい)にあたる)を中敷居という。引戸の場合,民家では,溝の先端が戸を引き出す位置で止まり,向き合った柱まで延びていないものがある。…

※「中敷居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中敷居の関連キーワード押入書院忘筌両面

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android