中村中倧(読み)なかむら ちゅうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村中倧 なかむら-ちゅうそう

1778-1851 江戸時代後期の医師,儒者。
安永7年11月11日生まれ。中村淡斎の子。父に医を,坂本天山に儒学をまなび,のち京都に遊学。文政7年郷里の信濃(しなの)(長野県)高遠藩の藩医兼藩儒となる。嘉永(かえい)2年開墾事業の指導を誤解され領内黒河内に流された。著作に郷土資料の集大成「蕗原拾葉(ふきはらしゅうよう)」がある。嘉永4年74歳。名は元恒。字(あざな)は大明。通称は中書。別号に蕗原翁,不用舎,希月舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android