中村八朗(読み)なかむら はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「中村八朗」の解説

中村八朗 なかむら-はちろう

1914-1999 昭和-平成時代の小説家。
大正3年4月16日生まれ。丹羽文雄(にわ-ふみお)に師事し,八木義徳(よしのり)らと「黙示」を創刊。昭和14年出征し,22年復員。24年の「桑門の街」をはじめ直木賞候補7回。第2次「文学者」の編集世話人として活動した。平成11年2月3日死去。84歳。長野県出身。早大卒。著作に「ある陸軍予備士官の手記」「十五日会と「文学者」」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android