コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村内蔵助 なかむら くらのすけ

1件 の用語解説(中村内蔵助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村内蔵助 なかむら-くらのすけ

1668-1730 江戸時代前期-中期の商人。
寛文8年生まれ。元禄(げんろく)8年からの金銀改鋳で巨額の富をたくわえ,12年銀座年寄となる。尾形光琳(こうりん)との交際や三都(京都,大坂,江戸)富豪の妻女衣装くらべで知られる。正徳(しょうとく)4年幕府の緊縮政策にふれ,財産を没収,追放された。享保(きょうほう)15年死去。63歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の中村内蔵助の言及

【尾形光琳】より

…多くの雪舟画を模写し,彼らのために制作したが,窮屈な江戸生活に心の安寧を得ることができなかったらしく,それを吐露した書簡(大和文華館)がのこされている。この東下りを,光琳が庇護を受けていた銀座商人中村内蔵助(くらのすけ)などと結託し,宝永期の貨幣改鋳に関し策動するためであったとみる説もある。11年(正徳1)京都新町通り二条下ルに新居を作り,以後そこで創作を続けた。…

※「中村内蔵助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村内蔵助の関連キーワード常行赤松沙鴎井尻林叔川勝雲堂久米田杉尋小出有棟高麗左衛門(2代)太兵衛爪木晩山宮城春意

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村内蔵助の関連情報