中村勝馬(読み)なかむら かつま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村勝馬 なかむら-かつま

1894-1982 大正-昭和時代の染色家。
明治27年9月18日生まれ。図案画家増山隆方に師事して衣装図案,友禅技法をまなぶ。名古屋の松坂屋や東京の三越で衣装の制作を担当。戦後は日本工芸会の設立につくした。昭和30年人間国宝。昭和57年4月21日死去。87歳。北海道出身。川端画学校中退。作品に「友禅黒留袖(とめそで)雲文」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android