中村双葉(初代)(読み)なかむら そうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村双葉(初代) なかむら-そうよう

1900-1970 大正-昭和時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
明治33年4月10日生まれ。3歳で失明し,6歳で平井検校(けんぎょう)に師事。香川県盲唖(もうあ)学校卒業後,バイオリンも習得する。昭和6年大阪市立盲学校主任教官となり,翌年日本音楽協会(のちの生田(いくた)流箏曲葉風会)を創立。大阪三曲協会理事長。昭和45年11月3日死去。70歳。香川県出身。本名は生平(いくへい)。代表作に「源氏組曲」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android